たくさんの人に利用されている保険無料相談。

その道のプロとがっつり話し合いができるというのに、お金を一円も払わなくて良いのはなぜなのでしょうか。

下世話な話ですが、お金が流れる仕組みについて少し調べてみました。

簡潔に言えば紹介される保険会社がFPさんたちにお金を出しており、それは契約成立時のみ手数料として発生するシステムとなっているようです。

よって利用者と直に接することになるFPさんはやはり面談するだけではお金をもらえないわけなのですが、そのチャンスはたくさん得られるので、持ちつ持たれつといった感じのようです。

保険の勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制がかけられています。

「保険会社向けの総合的な監督指針」を保険業法第300条に対して策定しています。

これは相談者特典として保険料の割引や換金性の高いギフト券、クオカードなどの換金性の高いものをプレゼントしてはいけないのです。

では、お米や牛肉など換金性の低いものをプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品プレゼントについては具体例が記載されておらず、社会的儀礼として行われる香典などの慶弔関係やカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には当てはまらないとしています。

そのため、牛肉などの商品プレゼントは「完全にクロ」とも「完全にシロ」ともハッキリしていない状態にあると言えそうです。

思い切って保険無料相談をA社のFPにしてみたら保険の乗り換えを提案された。

保険は家の次に高価な買い物と言われています。

そのFPが信頼できると思えたならそのまま乗り換えるのも良いのですが、できれば別のB社などいくつか同じ相談をして提案内容を比べるのをおすすめします。

その際に気をつけて欲しいのがA社の提案内容をB社に見せる場合、A社に対抗する様な形で全く違う提案ばかりをしてくる可能性があります。

信頼できる担当者探しとしてはB社に見せた時に「A社の内容でOKです。

付け足すものもないです」と言うくらいの人や人だったらとても信頼できる方です。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社に見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

評判の良し悪しを気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思いつくのは、政治家や芸能関係だと思います。

実は保険無料相談を行なっている会社もすごく悪評を気にしているんです。

というのも、無料相談サービスの収益は相談者が紹介された保険を契約したら保険会社から報酬が発生するため、強引な勧誘をしていたり対応が酷いとSNSなどで悪評が拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も評判の悪いFPの登録を解除したり、電話1本、メール1通などで担当者変更できるようにしたり対策をしています。

保険は人生の中で家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる担当者からしっかりと説明を受けてから決めましょう。

保険無料相談を行っている会社について、それぞれの観点から情報を集めているサイトが多々あります。

よくポイントとして挙げられるのが、実際にFPさんと会えるまでの流れの簡単さや、提案できる商品が豊富にあるかどうか、なんといっても重要なのはFPさんについての評判です。

障害において家の次に高価な買い物とまで言われていますから、満足のいく結果が出るまでじっくり検討を繰り返しながら、自分と相性の良いFPさんと最終的に先のことを決めていくのが良いでしょう。

世間では人生で2番目に高い買い物は保険と言われています。

選択を間違えたくないと考えるのは当然でしょう。

そんなときに便利なのが、保険無料相談でしょう。

店舗を構えていたり、FPさんが来てくれたりとさまざまですが、中には面談やアンケートで特典が付くところも。

商品券をもらえるところが多く、中には現金でもらえるところもあるそうです。

金額的には数千円ほどですが、いくつかの会社からもらえたら数万円になる可能性もあります。

勉強になる上にプレゼントまでもらえるとしたら、話がうますぎるくらいです。

保険無料相談の利用で商品券をプレゼント!というキャンペーンをパッタリと見なくなりました。

調べてみると、2017年4月の金融庁の指導によって相談者特典として高額な商品券がもらえるという販促方法は禁止になったからです。

正確な金融庁の具体的な指導は換金性の高い商品の提供を禁止したことです。

逆に言うと「換金性が高くないものなら大丈夫」とも解釈できるので一部の相談サービスでは商品券から「換金性の低い特定の商品をプレゼントする」と言う形で募集をしている状況に変わっています。

そのため、商品券をプレゼントする販促方法はなくなってしまいました。

皆さんは自分の契約している保険の内容を十分に把握していますか?少しでもわからない内容があれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険無料相談サービスの利用です。

例えば、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら支給されるかや事故による怪我のための保障など、日常的に意識しないので保障内容を忘れていることもあります。

そこでFPに相談を行うことで現在の保障内容を詳しく確認しましょう。

場合によっては、ほぼ内容が変わらないのに月額を低く抑えることができる場合もありますよ。

豪華な商品がもらえると言うキャンペーンで相談者を募集している保険無料相談サービスをウェブ上で見かけます。

多くの方が、とりあえず保険相談の申し込みをしたら商品がもらえると思いがちですがそれは間違いです。

一般的には数回の面談後、アンケート回答などを商品贈呈の条件にしている企業が多いです。

更に言うと、申し込んだからといって必ずしも面談の予定が決まるわけではありません。

特に、中小のサービス業者に申し込んだ場合は、大手に比べてFP登録者数が少ないため面談の予定が決まらないことがあります。

時折見かける、「保険無料相談で牛肉などの景品プレゼント」という宣伝キャンペーンですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

昔は無料ではなく、FPにお金を払って保険の相談をするのが主流でした。

しかし、時代の流れとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができる窓口がたくさん増えました。

保険は家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては自社の保険を是非とも契約して欲しいと考えています。

しかし商品券プレゼントの額が過熱化し、金融庁から相談者特典で商品券を渡してはいけないという指針を策定しました。

保険見直しの機会を作ってもらいたいという考えから始まりました。

関連ページ