おまとめローン審査に通らない理由とは?

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

何件もの金融機関から借り入れをしていると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

金融業者にはおまとめローンを用意しているところもありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということでweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申し込みは審査結果を受け取るまではweb完結と同じですが自動契約機に免許証を持参して手続きをとりローンカードを受け取る方式もあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく電話での意思確認なども原則的にはないので安心です。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済総額は、おまとめ以前より増加してしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるのでローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

おまとめローンに申し込むと審査を受けることになりますがおまとめローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

月々の返済額がキツくなったという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

ただ、お金がないからカードローンを利用していることは明白ですから出来る限り、カードローンは住宅ローンの審査までに解約しておきましょう。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンで1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますが取引実績がある金融機関で問題なく返済していれば融資を受けていてもプラス評価になります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますので優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!おまとめローンはいくつもの金融機関から借金をしている人が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンを返済していくというローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなく借り換えローンという商品名でおまとめローンを提供している金融機関も多いです。

消費者金融は高金利で、銀行は審査が厳しいのが一般的ですが消費者金融、銀行どちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが銀行はフリーローンになっていることが多いので、通常のカードローンと同じように限度枠内なら好きなときに借入や返済が可能です。

銀行で、おまとめローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

引用:おまとめローンアコム審査通りやすい

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融のおまとめはというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行よりも条件は悪いことになります。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

総量規制が適用されない例外貸付とは借り換えを含めた総額で年収の1/3を超えてもローンが認められるというものです。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが借換え専用ローンの金利は一般向けローンよりも高い設定です。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されておりクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必ず必要なものといえば本人確認書類があり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融でローンを組む場合、総量規制の例外貸付を適用する事になるため必須となります。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや新規の借入れができない返済専用のカードローンであることです。

金利は6.3%から17.8%なので少々高めではありますが、最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますが安定継続した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでも申し込むことができます。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく完済に関する手数料は一切かからないというメリットもあります。

複数の金融業者からお金を借りていると借入残高がマチマチなので管理しにくいですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために借入れ件数が増えたのでしょう。

借入限度額が高い人ほど金利が低くなりますから借入先を1社に集中したほうが有利になります。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなので取りあえず、申し込むことをおすすめします。

おまとめローンの審査落ちした人は通らない理由を自己分析する必要があります。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがあり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが年収の三分の一を超える借入総額は審査に通らないと思ってください。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので過去に返済の遅延が常習の人は審査落ちする確率は高いです。

多重債務者を救済するための商品がおまとめローンですが借入先が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数が5社になるとほとんどアウトですが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。