大手で安心のSMBCモビットの借り方

消費者金融と言うと反社会的集団が連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

お金を融資してもらう方法としてSMBCモビットのカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融が提供しているSMBCモビットのカードローンの2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのSMBCモビットのカードローンです。

消費者金融のSMBCモビットのキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、消費者金融のSMBCモビットのキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果もスピーディーで、SMBCモビットの即日融資も可能ですからとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行以外に、消費者金融やクレジットカードでSMBCモビットのキャッシングするという方法があります。

一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で利益を上げています。

消費者金融SMBCモビットの金利の方が高いことが多いと思います。

ただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、あながち消費者金融SMBCモビットのほうが高金利であるとは言い切れません。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内であればSMBCモビットのキャッシングサービスも受けることができます。

一方、消費者金融SMBCモビットとは貸金業専門になり利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがSMBCモビットのカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

一方、SMBCモビットのカードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためSMBCモビットのカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

昨今の消費者金融SMBCモビット業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

ですが、消費者金融SMBCモビットは総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもどの消費者金融SMBCモビットも審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

参照:http://www.ajuthankyou.com/kihon/karikata.html

それよりも、スムーズに手続きが完了するかということや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

通常、消費者金融のSMBCモビットのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のSMBCモビットのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円まで借り入れることが可能です。

一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のSMBCモビットのキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れると怖いというイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近頃は消費者金融SMBCモビットも法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行のSMBCモビットのカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、レディースローンを提供している消費者金融もあるので女性の利用者も増えています。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない...ということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度SMBCモビットのカードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。